Profile

ゆで汁マイスターの濱田まさこです。

  
子ども想いのワーママ必見!
忙しい毎日でも
「家族の胃袋をつかむ」時短ごはん
 動画で学べるゆで汁アレンジ講座 

を、主宰しております。

 
 

頑張ることに、
ちょっと疲れたお母さん
 
毎日の献立作りに、
発狂しそうなお母さん
 
ご飯作りに、
心が折れそうなお母さんへ
 
 
 
 
もう、頑張らなくても大丈夫
カンタンで美味しくて、栄養満点。
 
ゆで汁をアレンジした
良いことづくめの時短ごはんを通して、
「正しい手抜き」の仕方をお伝えしています。
  
 
 

料理遍歴は妊娠してから

 
 
二人の娘と主人の4人暮らし。
子ども達を、0歳5ヶ月と0歳3ヶ月から
保育園に預けて仕事復帰をした、
いわゆるワーキングマザーでした。
 
 
 
わたしの料理遍歴は、長女の妊娠から。
それまでは、実家暮らしの上げ膳据え膳生活。
 
結婚後も、仕事が忙しく
帰宅は主人より遅い日々。
料理を作る、時間も発想もなく過ごしていました。
 
 
 
そんな生活から、一変。
 
 
妊娠を期に、
やっと自分の時間を持てたこともあり
料理に興味を持ち始めたことが
 
すべてのはじまりです。
 
 
 

異常分娩からの育児スタート

 
 
妊娠中は、あらゆる育児雑誌を読み漁り
おだやかで丁寧な暮らし、
母乳と布おむつでの育児、
完璧な離乳食作りを夢見ていました。
 
 
が…
 
 
 
 
 
羊水含めて3L… 大量出血での出産
心拍数も著しく低下し、
全身麻酔での手術を経て、なんとか一命をとりとめるも
 
極度の貧血、体力低下の状態で
育児をスタートすることになってしまったのです。
 
 
 

待ち構えていた育児の現実



産後2ヶ月間は、
立ち上がることもままならず、
当然ながら憧れていた母乳育児も
何もかも上手くいかず、

夜泣きの酷い娘と向き合い続ける、初めての育児。
 
 
 
「このままでは、この子に何かしちゃうかも…」
 
そんな危機感を感じ、
産後、5ヶ月で

職場復帰を決意しました。

 

 

離乳食の壁 料理放棄

 
 
長女、若干0歳5か月での職場復帰。
 
これで、少しは自分の時間が取れる…
と、思ったのも束の間。
 
 

同時にやってきたのは、離乳食の壁

仕事の疲れと、夜泣きの睡眠不足。
髪を振り乱しながら台所に立つも
大して食べてはもらえない日々。

次第に料理をすることがストレスになり
このまま自分で作っていたら身が持たなくなる…

そんな想いから、

 

離乳食はすべてレトルト。
夫や自身の食事は、
スーパーのお惣菜ですべて賄う生活に。 

物理的には楽になったものの、
なんかしっくりこない… 

と、感じていたとき、

 

マクロビオティックのセミナーと出会い、
当時の食生活を完全否定されることに。
  
 
 

食の情報の中で、暗中模索の日々

 
 
突如一転して、
マクロビオティックの世界に
どっぷりとつかる日々。
 
食生活を見直したことで、夫とともに
3ヶ月で体重7kgの減量に成功するも、
 
ストイックすぎる思考から、
周囲とのバランスがとれず体調も優れず…
 
「一体何を食べたらいいの?どうやったら続けられるの?」
 
通勤時間を利用しては、
ひたすら料理本を読み漁り、
レシピ検索をし、片っ端から試していく…
 
 
 
そんな毎日の中で、偶然
「牛蒡のゆで汁」の美味しさに出会ったのです。
 
 
 

出汁いらず!調味料も、塩・味噌・醤油だけ!

 
 
牛蒡からあふれる、滋味深い旨味、甘味。
思わず、そのままお味噌汁にしてみたら
家族にも大好評!
 
 
これをきっかけに、
いかに簡単に、手を抜くか…
 
いえ、「正しく手を抜くか」
ワクワクしながら追求する日々に。
 
 
 
出汁はとらなくても、大丈夫。
調味料も、塩・味噌・醤油だけ。
それだけで、なんでも美味しい。


難しいことをしなくても
家族の胃袋をつかむ方法
編み出すことになりました。
  
 
 

忙しいお母さんに届けたい、ゆで汁アレンジ料理

 
 
 慌ただしくって、、
 時間に追われて、、
 疲れちゃってて、、
 
料理をするのが、めんどくさい。
献立考えるのが、めんどくさい。
 
 
 

それでも、
 
「あぁ、今日の晩ご飯… 何にしよう」
と考えるお母さんへ。
仕事をしながらも、
子どもを想い、家族を想う
一生懸命なお母さんへ。

台所を担い、
ご飯作りという永遠のテーマを預かる
忙しいお母さんへ。
 
 
 
ゆで汁をアレンジしたレシピや
ご飯作りにまつわるアイディア
押さえておくだけで気楽になれるポイントを
お届けすることで、
 
頑張らなくて、いい。
無理しなくて、いい。
とことん手を抜いて、いい。 
 
ということを、
お伝えできればと考えています。
 
 

いつでも・どこでも・何回でも 通わなくても通える料理教室

 
 

「毎日のご飯作り… 何とかしたい」

そう思いながら、
試行錯誤をしているお母さんの
ささやかな自由時間を奪いたくはありません。

仕事を調整することも、
家族との時間を削ることもなく

通勤時間や、
子ども達を寝かしつけてほっと一息つくときに
サクッと見てもらいたい。

台所の片隅で、動画を流しながら
一緒に作ってみて欲しい。

 
 
そんな想いから、
会員制の動画配信という形で
ゆで汁アレンジの楽しさ、
そして正しい手抜きをお伝えしているのが
 
 
 
 
「ゆで汁」を通して、
「正しい手抜き」を身につけることで
ご飯作りのハードルを、グッと下げてもらいたい。
 
 
「お母さんのご飯、おいしいでしょ♪」
と、笑顔で台所に立つお母さんが増えてほしい。
 
これが、ゆで汁マイスターの願いです。